【このページの場所】

「再起動」はなぜ必要? ちゃんと理由があるんです

そもそも、なぜトラブルが起こった際には再起動という作業が必要なのでしょうか。まずはこの作業について、手順や理由、効果をチェックすることからはじめましょう。

インストール時に再起動が必要なのはなぜ!?

ソフトをインストールするのに、どうして再起動が必要なんじゃ?

ソフトによっては、インストールやアンインストールの際に
ソフトやパソコンの再起動を求められるものがあります。
インストールの際の再起動は、使用中であったりOSが起動している間は
改変できない仕組みのファイルを、きちんと書き換えたり置き換えたりするためのもの。
アンインストールの際に再起動が必要なのは、
システムに深く関係するファイルが変更される場合に多くみられます。

一例ですが、
・インストール:パソコンを起動したときに読みこむ必要があるソフト
・アンインストール:パソコンを起動したときに読みこんでしまっており、途中で止められないソフト

などの場合は、「パソコンをもう一度起動する必要」が生じるため、
再起動を要求されることがあります。

特に注意が必要なのは、インターネットの脅威からパソコンを守るための
セキュリティーソフトをインストール・アンインストールするとき。
買い替え、切り替えの際などは、一時的にセキュリティーソフトが
機能していない状態になるため、再起動を求められたら、
必ず画面の指示に従って、慎重に進めるように気をつけましょう。

確認中に用語が分からなくなった、という人は、見つけたスペック表と先ほど紹介した用語集を照らし合わせて、今使っているパソコンの性能を確認してみましょう。

止まってしまったプログラムをリセット!

ど、どうしたのかしら……クリックしてもソフトが反応しないわ

再起動を試してほしいケースの代表的な例が、パソコンのフリーズなど、
何か不具合が起きた場合。

パソコンには、メモリと呼ばれる一時的な記録・作業用のスペースのようなものがあります。
いつも保存する場所とは別に、作業用スペースにデータを置くことで、
処理の速度を早くする、ということがメモリの主な目的です。

パソコンがフリーズしてしまう原因のひとつに、このメモリが不足することが挙げられます。
一度にたくさんのウインドウを開いたりして作業用スペースをたくさん使うと、
パソコンの動作が鈍くなってしまいます。

そうした場合には、一度再起動をしてみましょう。
ほかに原因がなければ、散らかっていた作業用スペースが片付けられて(メモリの解放)、スムーズに動くようになります。

一度読みこんだ情報の記憶「キャッシュ」を消去

しらないうちに蓄積される「キャッシュ」とは?

「キャッシュ」とは、一時的に保存するデータや、データを保存する場所のこと。
ブラウザーで表示したページの履歴をはじめ、知らず知らずのうちに使用頻度の高いデータに関する多くのキャッシュが蓄積されます。

本来ならば再度同じページを読み込む際にインターネットへの無駄なアクセスを減らし、
高速で表示させるための便利なもの。

しかし、二度と使わないデータも保存されてしまうので、
定期的に消去して空き容量を確保しておきましょう。

また「キャッシュが壊れる」というケースも、よくあるトラブルとして知られています。
本来表示されるデータが表示されないという場合は、
一時保存されているデータ=キャッシュの不具合という可能性が考えられますので、
こちらもキャッシュクリアを実行してみましょう。

1 2 3 4




■よろしければアンケートにご協力ください
  たいへんわかりやすかった
  わかりやすかった
  少しわかりにくかった
  わかりにくかった
■ご意見、ご要望等ございましたらご記入ください

※このフォームからのお問い合わせには、個別に回答させていただくことができませんのであらかじめご了承ください。また、個人情報(お名前、住所、メールアドレス、電話番号など)をご記入にならないよう、ご注意ください。

zaq zaq