1. MY J:COMトップ
  2. サポート・よくある質問
  3. J:COM NETサポート
  4. オプションサービスの概要・申し込み
  5. メールサービス
  6. メールサービスについて
  7. サービス概要

メールサービス-サービス概要

サービス内容

メールアドレスについて

メールアドレス

J:COM NETで使用するメールアドレスは、以下の種類があります。

  • 連絡用アカウントのメールアドレス
    ご加入時に J:COM NETから提供されるメールアドレスです。
  • ユーザーアカウントのメールアドレス
    お客さまが任意の名前で登録できるメールアドレスです。
メールサービスの仕様
メールアドレス数   6個(連絡用アカウント:1個、ユーザーアカウント:5個)
メールアドレス形式  @jcom.zaq.ne.jp
受信メールサーバー  pop.jcom.zaq.ne.jp ポート番号 110
送信メールサーバー  smtpa.jcom.zaq.ne.jp
ポート番号 465
IMAPサーバー  imap.jcom.zaq.ne.jp ポート番号 993(SSL)
※SSLに対応していない場合は、143をご利用ください
POPアカウント  メールアドレス
※Windows 10の「メール」アプリでは、アカウント設定時「ユーザー名」で@より前のみを入力した場合、メールの送信ができません。メールアドレスの全てを入力する必要があります。
1メールあたりの容量 20MB
1メールボックスあたりの容量 2GB
メールの保存期間 60日間
転送先メールアドレス メールアドレス1つに付き、転送先を3箇所指定可能。詳細は「メール転送サービス」をご覧ください。
WebMail すべてのメールアドレスで利用可能。詳細は「WebMail」をご覧ください。
ウイルススキャン機能 詳細は「メールウイルススキャン」をご覧ください。
迷惑メール対策機能 詳細は「迷惑メール撃退サービス」をご覧ください。
別名アドレス追加機能 詳細は「えらべ~るアドレス」をご覧ください。
パスワード

メールアドレスのパスワードは、アカウントのパスワードと同じものを使用します。このパスワードは、設定画面から自由に変更することができます。

パスワードの変更は、「パスワードの変更」を参照してください。

メールサービスの適用順序

複数のメールオプションサービスを利用した場合の適用順序は以下のようになります。

【ウイルススキャン】

メールの受信時に添付ファイルのウイルススキャンを行い、ウイルスと判断された場合メール自体を削除します。

次へ

【受信拒否の設定】【受信許可の設定】

「設定条件のチェック」「未承諾広告のチェック」

条件に該当する場合
宛先や件名などに指定した文字列が含まれるかどうか、条件の番号順にチェックされます。
条件に合った時点で、受信拒否または受信許可がおこなわれます。 処理がおこなわれると、他の条件はチェックされません。

条件に該当しない場合
次の条件がチェックされます。

次へ

【迷惑メール自動振分機能】

「メール内容のチェック」

条件に該当する場合
当社があらかじめ設定した基準にどの程度該当するかを判定し、一定の基準を超えた場合、[Junk]フォルダに振り分けられます。

条件に該当しない場合
通常通り受信されます。

次へ

【受信拒否の設定】

「指定容量超過のチェック」

条件に該当する場合
この時点で受信拒否されます。 処理がおこなわれると、他の条件はチェックされません。

条件に該当しない場合
次の条件がチェックされます。

次へ

【なりすましメール対策機能】

「メール内容のチェック」

条件に該当する場合
当社があらかじめ設定した基準にどの程度該当するかを判定し、一定の基準を超えた場合、[Spoofing]フォルダに振り分けられます。

条件に該当しない場合
通常通り受信されます。

次へ

【メール転送サービス】

設定されたメールアドレスにメールを転送させることができます。

次へ

メール受信

どの条件にもあてはまらなかったメールは、通常の受信動作になります。

各種メールサービスについて
メールウイルス
スキャンサービス
メールの受信時に添付ファイルのウイルススキャンを行い、ウイルスと判断された場合メール自体を削除します。
迷惑メール撃退サービス
なりすましメール対策機能
なりすましメールをサーバ側で判定し、WebMailの[Spoofing]フォルダに振り分けてくれるので、迷惑メールを目にしなくて済みます。
受信拒否の設定 任意の条件を設定して、受信拒否することができる機能です。
受信許可の設定 任意の条件を設定して、受信許可することができる機能です。
メール転送 J:COM NETのメールアドレスに届いたメールを、別メールアドレスに転送させることができます。
迷惑メール撃退サービス
自動振分機能
迷惑メールをサーバ側で判定し、WebMailの[Junk]フォルダに振り分けてくれるので、迷惑メールを目にしなくて済みます。
  • 図中 ※1 迷惑メール撃退サービス※2 メール転送サービス でコピーを残さない設定をした場合、メールボックスで受信されなくなります。
  • JunkフォルダはWebMail経由で参照できます。
  • SpoofingフォルダはWebMail経由で参照できます。

ページの先頭へ