スパイウェアとは
あなただけが狙われるスパイウェア
スパイウェアは他人のパソコンに感染しない
スパイウェアは侵入したパソコンのみで行動を起こす
ウイルスではないので、現行のアンチウイルスソフトでは対応しきれない
スパイウェアは現在もさまざまな進化を遂げつつあるのでセキュリティ製品を導入しているからといっても安心できない
スパイウェアとはINDEX
スパイウェアによる被害事例
スパイウェア活動内容の変化と種類
スパイウェアが引き起こす様々な障害をチェック!
スパイウェアによる被害事例
スパイウェアを使った、銀行口座不正振込
このケースは、「キーロガー」と呼ばれるスパイウェアの一種をパソコンに侵入させ、ホームページ利用者がキーボードを使って入力した内容を収集し、その中から銀行カードのID・パスワードを見つけ出し、不正に振込を行なう手口で、実際に国内でも被害が確認されています。
また、これと同じ手口により、銀行だけでなく、株式の売買、オンラインショッピング、オークションでのやり取りなど、様々なインターネット上のサービスを通じて被害を受けることが考えられます。
このケースでスパイウェアは、銀行側のシステムに侵入したのではなく、あくまでインターネットバンクを利用している、顧客側のパソコンに侵入していたと発表されました。また、侵入したスパイウェアも、スパイウェア対策ソフトを利用していれば防げるレベルのものだったといわれています。
インターネットを通じてサービスを提供している銀行等では、利用者に対し感染防止のよびかけ、及びスパイウェア対応のアンチウイルスソフトの利用を勧めると共に、銀行によってはアクセスするIPアドレスに制限をかけるサービスや、振込み操作をホームページで行うと、その結果を自動的にメールで、顧客に報告するサービスを行なっているようです。
銀行口座不正振込
※基本的にIPアドレスで個人を特定することはできません。
スパイウェア活動内容の変化と種類
悪質化するスパイウェア
スパイウェアは、その元をたどれば海外の広告関連企業がインターネット利用者のホームページ上での行動調査、消費者の趣味や商品の売れ行きのよいホームページなどの情報収集を行うために開発されたものです。 当初はスパイウェアがユーザーに致命的な被害をあたえるというケースはごくわずかでした。 しかし、時間の経過とともに、悪意ある第三者によって新種が生み出された結果、様々な用途で悪用されるようになりました。 最近では犯罪行為の道具として使われることもあります。
種類
内容
Adware
(アドウェア)
広告を表示させたり、パソコン利用者のアクセス履歴や傾向などを収集するプログラム。 突然カジノやアダルト等の広告を表示させたり、アクセス先を変更したりする。
Spyware
(スパイウェア)
感染者の個人情報の収集を目的として作られたプログラム。 パソコン内に保存している情報の漏洩、インターネットバンクなどログイン が必要なサイトのID・パスワードが盗まれる事で、金銭的な被害にあう可能性がある。
HackTool
(ハックツール)
ハッキングを行うことを目的として作られたソフトウェア。パソコン利用者は、ハッキングを受けることで本人の個人情報漏えいだけでなく、 「スパムメール配信」、「不正アクセス行為」、等に利用される可能性がある。
Dialer
(ダイアラー)
パソコンのダイヤルアップ(電話回線)設定を変更し、高額料金でインターネット接続させるスパイウェア。 電話回線を使用しない、ケーブルインターネット等では被害にあうことはないが、外出時のノートパソコンでモバイルアクセスを利用する場合は被害にあう可能性がある。
Clicker
(クリッカー)
にせ広告、にせのエラーメッセージなどでユーザーのクリックを誘い、 広告目的のアクセス数をあげたり、特定のサイトなどにアクセスすることで、 (D)Dos 攻撃として使われるスパイウェア。
スパイウェアが引き起こす様々な障害をチェック!
個人情報の漏洩……スパイウェア
メールアドレスを教えてもいない相手から、身に覚えのないメール(スパムメール等)が届くようになった。
Internet Explorerの異常動作……BHO(ブラウザー ヘルパー オブジェクト)、マルウェア(アドウェア)、ダイヤラー
Internet Explorerが起動した時のホームページを勝手に変えてしまい、場合によっては戻せなくする。
「お気に入り」の中に登録した覚えの無いURLがいつの間にか追加されている。
何の操作もしていないのに、突然ポップアップウィンドウがパソコン画面上に出てくる。
Internet Explorerが起動しない。
インターネットの接続先を有料ダイヤルに勝手に書き換えて接続する。
OS(オペレーティングシステム)の不安定状態……他のアプリケーションとの相性等で、OSが不安定に
パソコンを立ち上げた時、インストールした覚えの無いソフトが起動する。
急にパソコンの動作が遅くなり、場合によってはフリーズしてしまう。
パソコンを終了しようとしても、エラーが出て終了することができない。
POINT リモート操作であなたのパソコンが悪用される!
スパイウェアには、目立った症状は出ないが利用者に気づかれないように活動し、キーボードから入力した内容を盗む【キーストローク・ロガー(キー・ロガー)】や、悪意ある第三者がパソコンを外部からリモート操作する【Remote Access Trojans (RAT)】などがあります。こういったことからも、現在特にパソコンに問題が無くても、スパイウェアが忍び込んでいる可能性があるので、日ごろからまめにスパイウェア対策することが必要です。 困ったもんじゃ!
関連リンク
スパイウェア侵入経路と対策
スパイウェアが侵入してしまったら
よろしければアンケートにご協力ください
■このページの説明内容はわかりやすかったですか?
  たいへんわかりやすかった
  わかりやすかった
  少しわかりにくかった
  わかりにくかった
■評価の理由を具体的にご記入ください

■ご意見、ご要望、その他(取り上げてほしいセキュリティ情報や事例)が
  ございましたらご記入ください

※このフォームからのお問い合わせには、個別に回答させていただくことができませんのであらかじめご了承ください。また、 個人情報(お名前、住所、メールアドレス、電話番号など)をご記入にならないよう、ご注意ください。
TOP
BACK
セキュリティ情報トップページへ