アカウント乗っ取りってどんなトラブル?

そもそもアカウント乗っ取りとは?

自分の知らないところで、コミュニケーションアプリやSNSのアカウントIDやパスワードが勝手に使用されている被害のことです。冒頭にも記したように、コミュニケーションアプリのアカウント乗っ取り事件が今年に入って急増。“自分になりすました誰か”がアカウントを勝手に操作し、知人や家族に高額なプリペイドカードの購入を促すという手口が主流のようです。
こうした乗っ取りや、なりすまし行為はSNSやブログ、ミニブログ、メールアドレスでも横行。ぞれぞれの主な事例を見ていきましょう。

「SNS・ブログ・ミニブログ」アカウント乗っ取り

「SNS・ブログ・ミニブログ」アカウント乗っ取りイメージ

悪質な通販サイトへと誘導する記事や投稿をされてしまう被害が目立っています。
それまで身の回りのことや趣味についての投稿が続いていたにも関わらず、突然、ある具体的な商品やブランドに関する広告がアップされるケースです。悪質な宣伝行為のひとつと言えるでしょう。こうした例では外国語が使われることも多く、海外の業者やサイトが関わっているという話も聞かれます。
また、ミニブログにおいても、アカウント被害は多発しています。見ず知らずの誰かにアカウントを乗っ取られて、自分が意図しない投稿をされるケースです。芸能人の方が、それによって“炎上”する事件も少なくなく、目にした方も多いと思います。
このような被害ばかりでなく、意図しないダイレクトメール(フォロワー同士による直接のメールのやりとり)が送られたり、メンバー設定の解除や閲覧拒否など悪意を含んだ操作が勝手に行われるなどの被害も起こっているようです。
こうした被害に遭った場合、実害を多少なりとも少なくするためには、すぐにパスワードを変更しましょう。他のサイトのパスワードを使い回すことはせず、できる限り難しいものに設定し直してください。また、その他のアプリとの連携も解除して、見に覚えのないサービスは端末から消すようにするのがベストです。

「インスタントメッセンジャー」アカウント乗っ取り

「インスタントメッセンジャー」アカウント乗っ取りイメージ

今もっとも話題となっている、アカウント被害です。
誰かがアカウントを乗っ取り、犯人が“その人のふりをして”友人や知人などに連絡を取るというケースです。犯人は何らかの事情を装って「5000円分のプリペイドカードを近くのコンビニで3枚買ってほしい」などというメッセージを送ります。多くの場合、こうしたメッセージを受け取った方が偽物だと気づき、実害を避けることができています。しかし、「これは助けてあげないといけない」と信用してしまった一部の方が、実際にカードを購入してしまうケースがあとを絶ちません。 多くの場合、その他の複数のサービスで同じIDやパスワードを使い回していることが原因と言われています。犯人側は何らかの方法で事前に登録されたIDやメールアドレスを入手し、パスワードをランダムに設定して乗っ取りをはかる手口を使っているようです。
もし、仮に被害に遭った場合、他の端末からの使用が原因でそれまでの情報が削除されてしまいます。また、アプリ自体をもう一度インストールして、それでもログインできないときは、パスワードを変更されている可能性が高いといえるでしょう。その際は即座に削除依頼を出して、友人や知人に事情を連絡してください。

「オンラインメール」アカウント乗っ取り

メールアドレスに関しても、似たような事例が発生しています。
何者かがアドレスやID、パスワードなどの情報を入手し、不正にアクセス。悪質な広告メールなどを管理しているアドレスへと送ってしまうケースです。このメールに記載されたURLなどを万が一踏んでしまうと、リンク先の悪質なサイトへと飛ばされ、実害を被る場合もあります。
こうしたメールが届いた場合は、その友人に何らかの方法でスパムメールが届いたことを知らせてあげましょう。そして、リンクは一切踏まないようにしてください。 また、自分のメールアドレスのアカウントが乗っ取られていると気づいたら、パスワードの変更やアカウント自体の削除を行いましょう。

よろしければアンケートにご協力ください
■このページの説明内容はわかりやすかったですか?
  たいへんわかりやすかった
  わかりやすかった
  少しわかりにくかった
  わかりにくかった
■評価の理由を具体的にご記入ください

■ご意見、ご要望、その他(取り上げてほしいセキュリティ情報や事例)が
  ございましたらご記入ください

※このフォームからのお問い合わせには、個別に回答させていただくことができませんのであらかじめご了承ください。また、 個人情報(お名前、住所、メールアドレス、電話番号など)をご記入にならないよう、ご注意ください。