特にAndroid端末が危険な理由

iPhoneとAndroid端末ではセキュリティーに大きな差が!

ここまでスマートフォンを狙ったモバイルウイルスの脅威について簡単に説明してきましたが、その中で一つポイントとなっているのが、"Android端末向け"ということ。実は同じスマートフォンでも、Android端末とiPhoneでは状況が大きく異なるんです。

iPhoneの場合

モバイルウイルスの一番の感染源となっているのは、アプリのインストール。そこでポイントとなるのが、iPhone向けのアプリは、Apple(アップル)社が管理する「App Store(アップ ストア)」でのみ提供されているということです。

「App Store」へアプリを出品するには、必ずApple社の念入りな審査を通過する必要があります。そのため、モバイルウイルスが仕込まれていた場合は審査の際にかなりの高確率で検出されますし、もし流通してもモバイルウイルスの存在が発覚した時点でただちに「App Store」から削除されます

このように、鉄壁の守りに固められ、モバイルウイルスの入り込む余地はほとんどありません。

Android端末の場合

Android端末向けのアプリは、Google(グーグル)社が管理する「Google play(グーグル プレイ)」をはじめ、さまざまなサイトで提供されています。アプリの出品に際しての審査基準もサイトによってそれぞれ異なっており、アプリ制作者が審査なしに自由に配布できるようなサイトもあるため、モバイルウイルスを忍ばせたアプリも流通する可能性が高くなっているのです
裏を返せば、それだけ自由度が高いという、Android端末の良い点なのですが、残念ながらその「自由」を悪用されてしまったことによって、結果的にAndroid端末向けのモバイルウイルスばかりが増殖してしまっているのが現状です。

ただし、iPhoneでも保護機能を外すなどの改変(通称"脱獄")を行うと、Appleが運営する「App Store」以外で配布されるアプリをインストールできるようになる反面、審査されていないアプリからモバイルウイルスに感染する恐れがあります。

よろしければアンケートにご協力ください
■このページの説明内容はわかりやすかったですか?
  たいへんわかりやすかった
  わかりやすかった
  少しわかりにくかった
  わかりにくかった
■評価の理由を具体的にご記入ください

■ご意見、ご要望、その他(取り上げてほしいセキュリティ情報や事例)が
  ございましたらご記入ください

※このフォームからのお問い合わせには、個別に回答させていただくことができませんのであらかじめご了承ください。また、 個人情報(お名前、住所、メールアドレス、電話番号など)をご記入にならないよう、ご注意ください。