セキュリティアイコン ウイルス対策ソフトを強制販売するページにご注意ください!
 (2006年6月14日更新)
「毎月3日にファイルを破壊するウイルスにご注意ください」でご案内させていただきましたBlackWrom(ブラックワーム)の名前を悪用して、サイト閲覧者の不安をあおり、ウイルス対策ソフトを売りつけようとするサイトが確認されております。
実際にはウイルス感染の心配はありませんが、必要の無いソフトウェアがインストールさせられる可能性がありますのでご注意下さい。

この手口は、たまたま罠が仕掛けられているサイトを開いてしまった閲覧者に対して、まず以下のポップアップ を表示させ、ウイルス対策ソフトをダウンロードするように促してきます。
ウイルス対策ソフトを強制販売するページにご注意ください!


■ここでは実際の「ウイルス対策ソフトを強制販売するページ」の例を見ながら解説いたします。 ■
ウイルス対策ソフトを強制販売するページにご注意ください!
BlackWorm(ブラックワーム)
毎月3日にファイルを破壊するトロイの木馬型ウイルス「BlackWorm」に感染している恐れのある警告を出し、利用者の不安をあおりますが、感染の有無にかかわらず利用者全員にこのメッセージが表示されます。
  BlackWormはマカフィー for ZAQにて検知・駆除が可能です。
※マカフィー for ZAQでは「W32/MyWife.d@MM!M24」という名称で検出されます。
 
II 個人情報漏えいの可能性
利用者のパソコンにセキュリティーに関する弱点があり、個人情報が流出する可能性がある事を警告し、ワンクリック詐欺でよくあった、利用者のIPアドレス・ブラウザー・OS等を画面に表示させます。
  表示されたIPアドレス等の情報で、お客さまの個人情報が漏洩する事はありません。
 
III WinAntiVirus・WinAntiSpywareのダウンロード誘導
「現在利用者が使用しているウイルス対策ソフトでは、個人情報の漏えいを防ぐことが出来ないのでWinAntiVirus・WinAntiSpywareを使用するよう」に促してきます。
  WinAntiVirus・WinAntiSpywareは、シマンテック社では、「セキュリティリスク」として分類されております。
2006/03/09現在
  ※セキュリティリスク
アドウェア・ハッキングツール・ジョークプログラムなどのように、完全にウイルスではないと考えられるが、一般的な迷惑行為をすることが分かっているもの。
ウイルス対策ソフトを強制販売するページにご注意ください!

デスクトップ上にこのようなアイコンがあればWinAntiVirus ・ WinAntiSpywareがインストールされております。

「プログラムの追加と削除」からでは、正常にアンインストールが行えません。アンインストールを行う場合は、ご利用のパソコンメーカーにご相談いただけますよう、お願いいたします。
 
対策
◆ページを閲覧しただけで、ウイルス及びスパイウェアに感染した報告は現在のところございませんが、 念のためご利用されているウイルス対策ソフト等で、パソコンのスキャンをお勧めいたします。

◆画面に表示されている個人情報に関しましては、利用者のIPアドレスをもとに誰にでも調べることが可能な程度の情報しか記載されておりませんので、あわてる必要はありません。

◆WinAntiVirusPRO2006 ・ WinAntiSpywarePRO2006などは一旦インストールすると削除することが難しく、使い続けて行くことで、製品購入の為にクレジットカード番号を含む個人情報登録をするように催促してきますのでご注意ください。
 
【関連リンク】
・ 毎月3日にファイルを破壊するウイルスにご注意ください
・ 「ウイルスとは」「ウイルス対策」「ウイルスに感染してしまったら」
・ スパイウェアに、注意!あなたの個人情報が悪用される前に対策を!




よろしければアンケートにご協力ください
■このページの説明内容はわかりやすかったですか?
  たいへんわかりやすかった
  わかりやすかった
  少しわかりにくかった
  わかりにくかった
■評価の理由を具体的にご記入ください

■ご意見、ご要望、その他(取り上げてほしいセキュリティ情報や事例)が
  ございましたらご記入ください

※このフォームからのお問い合わせには、個別に回答させていただくことができませんのであらかじめご了承ください。また、 個人情報(お名前、住所、メールアドレス、電話番号など)をご記入にならないよう、ご注意ください。
 
BACK