不審なメールとフィッシングサイトに要警戒!

実在する企業やサービスなどを装ったメールを送付し、その企業やサービスにそっくりな「偽サイト」のリンクを貼り付けて誘い込む「フィッシング詐欺」が後を絶ちません。誘導された被害者は、それが偽サイトであることに気が付かず、アカウント名とパスワード、クレジットカード番号、銀行口座番号などを入力してしまい、大切な個人情報を盗まれてしまいます。

そして、それらの情報を悪用され、クレジットカードを勝手に使われたり、銀行口座から預金が引き出される被害が広がっているのです。この「セキュリティ情報」でも何度か注意喚起してきましたが、新しいフィッシングサイトが多数確認されているので、今一度こうしたフィッシング詐欺に引っかからないよう、その手口についてしっかり学んでいきましょう。

よろしければアンケートにご協力ください
■このページの説明内容はわかりやすかったですか?
  たいへんわかりやすかった
  わかりやすかった
  少しわかりにくかった
  わかりにくかった
■評価の理由を具体的にご記入ください

■ご意見、ご要望、その他(取り上げてほしいセキュリティ情報や事例)が
  ございましたらご記入ください

※このフォームからのお問い合わせには、個別に回答させていただくことができませんのであらかじめご了承ください。また、 個人情報(お名前、住所、メールアドレス、電話番号など)をご記入にならないよう、ご注意ください。