セキュリティはじめの一歩








インターネットをはじめとするコンピュータネットワークの世る人たちがいるのです。そんな被害界にも、他人のコンピュータに侵入してデータを盗んだり壊したり、いろいろ悪さをすに遭わないために、自分でできる対策はきちんとやっておきましょう。



 





 

総合セキュリティソフトとは、ウイルスやスパイウェアなどパソコンに危害を加えるプログラムを検知・駆除し、また、外部からの不正アクセスを防ぐ機能も搭載されています。




 
まず、スタートのすべてのプログラムからWindows Updateをクリックします。

インターネットを介して最新のWindow Updateを確認してくれます。
Updateが可能な場合はインストールをするか尋ねてくるので、必要な場合は「はい」をクリックしましょう。



「今すぐにインストール」のボタンをクリックします。(この画面が表示されずに4が表示される場合があります)



インストールの種類を選択、あとは画面の指示に従っていけば最新のWindwosにアップデートされます。








http://www.microsoft.com/japan/windowsxp/security/wu.asp


 
   
  WindowsにはWindows Updateの情報を自動的にダウンロードしてくれる自動更新機能があります。自動更新機能が、更新を自動的にダウンロードして、インストールの準備ができたら、下のように更新をダウンロードするとタスクバーでお知らせしてくれます。
こんなときはあわてずに、このポップアップか地球のようなアイコンをクリックしてください。(WindowsXP SP2、WindowsXP SP3、Windows Vistaをご利用の場合には地球マークではなく盾のマークになっています。)インストールが開始されますのであとは画面の操作にしたがってお進みください。
 

     
 
 
「買ったばかりのパソコンにはWindows最新バージョンが入っているから、アップデートは必要ない」と思っていませんか?
コンピュータを動かすOSを書籍にたとえると、どんなに信頼性の高い出版者が発行する本でも誤字脱字や乱丁が出てしまうことはありますね。コンピュータのOSも同じで、発売後にシステムの弱点や不具合が見つかることがあります。技術の進化の速いコンピュータの世界では、最初から「完璧」なシステムをつくることは不可能。インターネットを楽しむ前に、まずセキュリティの弱点強化をお忘れなく。
       
 
 
   






よろしければアンケートにご協力ください
■このページの説明内容はわかりやすかったですか?
  たいへんわかりやすかった
  わかりやすかった
  少しわかりにくかった
  わかりにくかった
■評価の理由を具体的にご記入ください

■ご意見、ご要望、その他(取り上げてほしいセキュリティ情報や事例)が
  ございましたらご記入ください

※このフォームからのお問い合わせには、個別に回答させていただくことができませんのであらかじめご了承ください。また、 個人情報(お名前、住所、メールアドレス、電話番号など)をご記入にならないよう、ご注意ください。