2008/4/28 更新
ホームページから侵入してくるウイルスを防げ!!
ウイルスが侵入する経路として、これまではメールによる感染が一番多いと言われていましたが、ここ最近はホームページを見ただけでウイルスに感染してしまう「ホームページ経由」も増加(※)しています。

これまで、このホームページ経由のウイルスは、怪しいホームページを閲覧した場合に侵入するケースが大半でしたが、最近では、ごく普通のホームページを閲覧しても安心とは言いきれなくなっています。

この理由は、クラッカー(悪意のある第三者)が、ごく普通のホームページに対して不正アクセスを行い、
そのページを閲覧した人のパソコンにウイルスを送り込むようにホームページをかいざんする事件が度々起こっているからです。

信用のおけるホームページしか見ないから大丈夫!と思われているみなさん。最近は必ずしも安全とは言い切れませんので、以下の「対策」を実施してください。

※ IPA(独立行政法人情報処理推進機構)の報告
    「コンピューターウイルス・不正アクセスの届出状況[2月分]について」


よろしければアンケートにご協力ください
■このページの説明内容はわかりやすかったですか?
  たいへんわかりやすかった
  わかりやすかった
  少しわかりにくかった
  わかりにくかった
■評価の理由を具体的にご記入ください

■ご意見、ご要望、その他(取り上げてほしいセキュリティ情報や事例)が
  ございましたらご記入ください

※このフォームからのお問い合わせには、個別に回答させていただくことができませんのであらかじめご了承ください。また、 個人情報(お名前、住所、メールアドレス、電話番号など)をご記入にならないよう、ご注意ください。


TOP
BACK
セキュリティ情報トップページへ