「ネットいじめ」とは?

そもそもネットいじめとは……

ネットいじめとは、インターネットを利用して行ういじめのこと。
LINEやFacebookなどのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)、インターネット上の掲示板、ブログ、メールなど……こういった、本来はコミュニケーションをより親密に、楽しくするためのサービスを悪用し、「はずし」などと呼ばれる"無視"をしたり、相手の悪口や誹謗・中傷を書き込んだり、無断で個人情報を拡散したりするのです。

ネットを「悪用」するからこその問題点

ネットいじめはインターネットの性質上、ネットがなかった頃のいじめとは事情が異なります。

例えば、体が大きかったり力が強かったりするという物理的な力の差が、ネット上での強弱を決める要因にはなりません。ジャイアンとのび太に見るようないじめの構図はネット上では通用せず、加害者になりそうな人が、逆に被害者になる可能性も大いにあるのです。

また、ネットではハンドルネーム(インターネット上での別名。ニックネームのようなもの)を用いて発言を行えるという匿名性があります。そのため、面と向かっては到底言えないような暴言でも、気軽に「言えてしまう」という特徴もあります。

ネット上のやり取りは「文字」だけで行われ、相手の表情を見ることもなく、雰囲気を体感することもないため、加害者には被害者の苦しみや痛みが、実社会でのいじめよりも更に分かりにくくなります。
そうしたネットいじめの場面に遭遇した、いわゆる「第三者」も、被害者と直接対面するわけではないため、同情やいじめへの嫌悪の気持ちを抱くどころか、その場の雰囲気だけで面白半分に加害者に加勢してしまい、結果として加害者の行いがどんどんエスカレートしてしまう傾向にあります。

さらに、学校や職場など実社会でのいじめであれば、登校拒否や転職などで安全な場所へ逃れるという方法も有効ですが、ネットの場合はそうはいきません。
インターネットそのものがなくならない限り、どこまでも追いかけられ、どこへ行っても逃れることができないのです。

「ネットいじめ」の特徴は?

  • ネットへの書き込みは匿名性があり、安易に行われるため、年齢・性別・物理的な力関係などに関わらず、子どもから大人まで誰でも簡単に被害者にも加害者にもなり得る。
  • 加害者と被害者が直接対面しないため、罪悪感よりも面白さが増してエスカレートしやすい。
  • 時間や場所に関係なく、不特定多数の人から同時に誹謗・中傷などが行われ、被害が短期間で深刻化する。
  • ネット上に掲載された個人情報や画像は、誰でも簡単に加工できてしまうため、誹謗・中傷の対象として悪用されやすい。
  • ネット上に一度流出した個人情報は回収することが難しく、半永久的に不特定多数の人からアクセスされる危険性がある。
  • 保護者や教師など身近な大人であっても、子どもの携帯電話等の利用状況や活用している掲示板等のサービスを詳細に確認することは困難なため、大人の目の届かない所で起きる子どものネットいじめについて実態把握が難しい。

すぐに対策が知りたい場合はこちら 「知っておこう! ネットいじめ対策」へ

よろしければアンケートにご協力ください
■このページの説明内容はわかりやすかったですか?
  たいへんわかりやすかった
  わかりやすかった
  少しわかりにくかった
  わかりにくかった
■評価の理由を具体的にご記入ください

■ご意見、ご要望、その他(取り上げてほしいセキュリティ情報や事例)が
  ございましたらご記入ください

※このフォームからのお問い合わせには、個別に回答させていただくことができませんのであらかじめご了承ください。また、 個人情報(お名前、住所、メールアドレス、電話番号など)をご記入にならないよう、ご注意ください。