迷惑メールってどんなメール?

そもそも迷惑メールとは……

パソコンや携帯電話、スマートフォンなどでメールを利用し始めると、いつの間にか届くようになる、広告宣伝や怪しい勧誘のメール。一般的に、こうした一方的に送りつけられてくるメールのことを総称して、迷惑メールと呼んでいます。
迷惑メールと言ってもその内容はさまざまで、内容や目的別に、大きく下記のような種類に分類できます。

広告宣伝メール

商品やサービス、Webサイトを宣伝するメール。「詳細はコチラ」などという形でメール内に記載されているURLへアクセスしてしまうと、そこからクリックした人のアドレスが特定される仕組みになっています。そのため、後日大量の迷惑メールが届いたり、サイトの閲覧料や利用料などといった身に覚えのない料金を請求されたりするといったトラブルに巻き込まれる可能性があります。
また、中には「このメールを10人に転送しないと、あなたに不幸が訪れます」というような内容で不安や興味を煽り、人から人へと広めようとするメール(チェーンメール)もあります。

クリック詐欺メール

広告宣伝メールの一種。メール内に記載されているURLへアクセスしただけで、いきなり「会員登録完了! 入会金10万円です。」などという画面が表示される仕組みになっていて、驚いた相手から金銭を振り込ませ、騙し取ろうとするものです。最近はワンクリックではなく、ページを変えながら4回程度クリックさせ、その間にこっそり料金が発生する旨を記載した規約へのリンクを表示させて正当性を主張するものも。手口がより巧妙になってきています。

クリック詐欺についてはコチラもチェック >>

架空請求メール

使ってもないカードの請求書が!

知らないWebサイトから突然送られてくる、情報料・利用料等の請求メール。これは、適当なメールアドレスにランダムに送り、お金や情報を騙し取ろうとする詐欺の一種です。名前や住所など個人を特定しているかのような文面であっても、それは不安を煽るための罠。身に覚えのない料金を支払う必要は無いのはもちろん、慌てて返信したり連絡を取ったりしてしまうと、そこから個人情報が知られてしまいます。

架空請求についてはコチラもチェック >>

お金儲けのメール

お金儲けのメールイメージ

「短時間で高収入」「簡単に儲かる月収100万円」などという謳い文句で、手軽なサイドビジネスや副業を勧誘するメール。これも詐欺の一種で、やってみようかなと思って申し込んでしまうと、「仕事の紹介には紹介料が必要」「まずは研修があり、教材の購入が必要です」などと言い出し、結局仕事の紹介は受けられずに高額な費用を騙し取られかねません。

また、最近話題になっているのが「1000万円もらってください!」「あなたに1000万円が当たりました!」というような、突然現金をプレゼントするというような類のメール。ここから怪しいWebサイトへ誘導されたり、「振込先を教えてください」と言って銀行の口座番号を聞かれたり、振込には関係のない生年月日や電話番号を聞かれたり(銀行口座の暗証番号を推測することが目的と思われます)して、自分の銀行口座を乗っ取られるような事態に発展する可能性があります。

なりすましメール

なりすましメールイメージ

有名企業や知り合いなどを装って送られてくるメール。パソコンの場合メールソフトで送信者アドレスを自由に設定できるため、いかにもそれらしいアドレスを創作し、第三者になりすますことが可能なのです。中には、送信者アドレスが自分のアドレスになっているメールも。これは、送信者と宛先のアドレスが同じになるソフトを使って送られたものです。受信者の気を引くこと、送信者の身元を分かりづらくすることなどが目的で、うっかりメールを開いて記載されているURLをクリックしたりすると、相手の思うツボです。

また、最近話題になっているのが、芸能人やそのマネージャーなどを名乗るメール。「相談に乗って欲しい」というような内容で、怪しいWebサイトへ誘導したり、「連絡先を交換したい」と言って個人情報を聞き出そうとしたり、その後のやり取りを有料メールに切り替えられ、何度もメッセージを送受信するうちに高額な利用料を支払う羽目になったり……と、さまざまなトラブルが発生しています。

なりすましについてはコチラもチェック >>

フィッシング詐欺メール

フィッシング詐欺メールイメージ

なりすましメールの一種で、ネットバンキングやクレジットカード会社、有名企業などからのお知らせを装ったメール。本物そっくりに偽装したホームページへ誘導し、ログインID、パスワード、クレジットカード番号などを入力させることで、それらの個人情報をそっくり騙し取ってしまいます。

フィッシング詐欺についてはコチラもチェック >>

ウイルスメール

ウイルスメールイメージ

ウイルス感染を目的とした、悪質なコンピューターウイルスを含んだメール。メールを開封したり、メール内に記載されているURLにアクセスしたりすると、気づかないうちにウイルスがこっそりパソコンに侵入してしまいます。そうなると、遠隔操作で大量の迷惑メールを発信する側になったり、誰かにメールを送る度にウイルスまで一緒に送るようなことになったり、パソコンに保存されているデータを盗まれる・破壊されるというような事態につながります。

よろしければアンケートにご協力ください
■このページの説明内容はわかりやすかったですか?
  たいへんわかりやすかった
  わかりやすかった
  少しわかりにくかった
  わかりにくかった
■評価の理由を具体的にご記入ください

■ご意見、ご要望、その他(取り上げてほしいセキュリティ情報や事例)が
  ございましたらご記入ください

※このフォームからのお問い合わせには、個別に回答させていただくことができませんのであらかじめご了承ください。また、 個人情報(お名前、住所、メールアドレス、電話番号など)をご記入にならないよう、ご注意ください。