セキュリティアイコン メールアドレスを盗む新たなワンクリック詐欺にご注意!
 (2006年7月28日更新)
ワンクリウェアに続き、新しい手口のワンクリック詐欺が確認されました。 新手の特徴としては、これまでのようにユーザーのIPアドレスや契約しているプロバイダ名等の 情報をページに表示させ、利用料金を要求する手口に加え、ユーザーが普段利用しているメールソフトを勝手に利用してそのユーザーのメールアドレスを収集します。



問題のサイトで「ENTER」ボタンや「ダウンロード」ボタンを押すと、いきなり黒いバックの画面で何らかのプログラムが動き出しいかにもユーザーの情報を収集したかのような動作を行います。この動作はワンクリックサイトによって様々な手法がありますが、ユーザーの不安を促す為の演出のような物です。

ワンクリック詐欺説明イメージ



次に入会完了のメッセージが表示され、退会申し込みの確認方法が案内されます。

ワンクリック詐欺説明イメージ




入会完了の案内で、「OK」を押すと退会案内のページには行かず、通常利用しているメールソフトから、ユーザーのメールアドレスが含まれたメール※を送信しようとします。

ワンクリック詐欺説明イメージ




普段お使いのメールソフトが、Outlook Expressバージョン6の場合は、意図しないメール送信に対して、送信の許可を求めるようにメッセージを出すセキュリティ機能があります。
ワンクリック詐欺説明イメージ



【ツール】 → 【オプション】 → 【セキュリティ】 → 「ほかのアプリケーションが私の名前でメールを送信しようとしたら警告する(Z)」 にチェックが入っていれば、以下のメッセージが表示されますので、「送信しない」を選択すればメールの送信を防げます。
ワンクリック詐欺説明イメージ



なお、メールソフトのバージョン・OSのサービスパックによっては、メッセージが表示されずに以下の送信メールが出てきますので、【×】ボタンで送信を防げます。
ワンクリック詐欺説明イメージ
【注意】

チェックが入っていなかった場合や、Outlook Expressのバージョンが6以下の場合は、意図せずメールが送信 される可能性がありますので、Outlook Expressのバージョンアップをお勧めいたします。



万一、メールが送信されてしまった場合は、利用料金の請求メールが盗まれたアドレス宛に送信されることが予想されます。基本的にメールアドレスだけではユーザーの住所・氏名・電話番号等は相手に知られることはございませんが、心配であれば、最寄の「警察署」や「国民生活センター」あるいは、「消費生活センター窓口」に連絡する事をおすすめいたします。

※ただし、ご自分でブログやホームページ上にメールアドレス・名前・住所・電話番号等を公開されている場合は、相手に知られる可能性も考えられますので、その場合はプロフィール削除等の適切な対処が必要になります。


個人情報保護ポリシー

「ワンクリック詐欺」の詳細と対策はこちら >>

「ワンクリウェア」の詳細と対策はこちら >>



よろしければアンケートにご協力ください
■このページの説明内容はわかりやすかったですか?
  たいへんわかりやすかった
  わかりやすかった
  少しわかりにくかった
  わかりにくかった
■評価の理由を具体的にご記入ください

■ご意見、ご要望、その他(取り上げてほしいセキュリティ情報や事例)が
  ございましたらご記入ください

※このフォームからのお問い合わせには、個別に回答させていただくことができませんのであらかじめご了承ください。また、 個人情報(お名前、住所、メールアドレス、電話番号など)をご記入にならないよう、ご注意ください。
 
BACK