2009/2/25 更新
ファイル共有ソフト(P2Pソフト)の危険性!
本来ファイル共有ソフトは、専用に設けられたネットワーク上でユーザー同士がさまざまなファイルのやり取りをおこなう為の便利なソフトです。しかし、ファイル共有ソフトから侵入してくる特有のウイルスに感染することにより、自分のパソコンに保存しているファイルが勝手にネットワーク上に公開され、個人情報の漏えいに繋がってしまうというケースが後を断ちません。また、著作権の侵害に繋がるような使い方についても大きな社会問題となっています。
注意 流出する個人情報は、企業が保有する個人情報リストや、業務情報だけではありません。ご家族の写真年賀状ソフト等の住所録も流出しています。仕事に関するデータを自宅のパソコンで利用していないとしても、注意が必要です。
有名なファイル共有ソフト(P2Pソフト)
・Winny
Winny.exe Winny.exe
・share
share.exe share.exe
このほかにも、様々なファイル共有ソフトが存在します。
WinMX / うたたね / Gnutella / BitTorrent / Cabos
対策
ざっくぅプロフィールへ
1.セキュリティ対策ソフトをインストールしよう
現在、大半のセキュリティ対策ソフトでは、ファイル共有ソフトを利用しようとすると注意を促すメッセージが出るようになりました。また、ウイルスに感染しないためにもセキュリティ対策ソフトを必ず利用しましょう。
2.パソコンを複数で使っている場合は要注意
ファイル共有ソフトを利用している人が、パソコンを複数人で共用している場合、気づかないうちに、同じパソコンを使っている他の使用者の情報を漏えいしてしまう危険性があるので使い方に注意しましょう。
3.こわいのはウイルスだけじゃない!?
ファイル共有ソフトの使い方によっては、著作権の侵害行為にあたる場合もあり、責任を持って使うよう心がけましょう。


よろしければアンケートにご協力ください
■このページの説明内容はわかりやすかったですか?
  たいへんわかりやすかった
  わかりやすかった
  少しわかりにくかった
  わかりにくかった
■評価の理由を具体的にご記入ください

■ご意見、ご要望、その他(取り上げてほしいセキュリティ情報や事例)が
  ございましたらご記入ください

※このフォームからのお問い合わせには、個別に回答させていただくことができませんのであらかじめご了承ください。また、 個人情報(お名前、住所、メールアドレス、電話番号など)をご記入にならないよう、ご注意ください。


TOP
BACK
セキュリティ情報トップページへ