パスワードはとっても大切
証明書であるパスワードを第三者に盗まれてしまうと、大きな被害に発展する可能性があります。被害にあわないためにも、パスワードの管理や取扱いには十分に気を配り、知識を深めましょう。
インターネットでは、メールやネットバンク(インターネット銀行)、ショッピングサイトなど、さまざまな便利なサービスを利用することができます。これらのサービスは、それぞれ専用のID(アカウント)とパスワードを入力して利用します。
ID(アカウント) サービス提供元が利用者を識別するための役割を果たすもの。※1
パスワード 利用者がサービス提供元に対して、
本人であることを提示するための「証明書」のようなもの。※2
※1 サービス提供元が任意に割り振る場合、利用者が登録する場合、メールアドレスの場合などがある。
※2 英数字、記号などの組合せで、ほとんどの場合、利用者が自由に変更することができる。
もし、パスワードが盗まれたら?(被害例)
パスワードはどうやって盗まれるの?
対策1 パスワードの取り扱い方法
対策2 パスワード強度
対策3 セキュリティ
よろしければアンケートにご協力ください
■このページの説明内容はわかりやすかったですか?
  たいへんわかりやすかった
  わかりやすかった
  少しわかりにくかった
  わかりにくかった
■評価の理由を具体的にご記入ください

■ご意見、ご要望、その他(取り上げてほしいセキュリティ情報や事例)が
  ございましたらご記入ください

※このフォームからのお問い合わせには、個別に回答させていただくことができませんのであらかじめご了承ください。また、 個人情報(お名前、住所、メールアドレス、電話番号など)をご記入にならないよう、ご注意ください。
TOP
BACK
セキュリティ情報トップページへ