トラブルにあわないために
オンラインショッピングでの注意
コミュニティでのトラブル
個人情報管理 掲示板やチャット、SNSでの注意 懸賞やアンケートでの注意
インターネットカフェでの注意 メールアドレスを使い分ける
アカウントとパスワードの管理
オンラインショッピングでの注意
オンラインショッピングで気をつけることは?
やり取りする相手(個人・企業)は信用できるか
物品・情報のやり取りはすべて自己責任、不明な点は何度でも問い合わせ確認する
クレジットカードで決済する場合は、情報漏洩で被害を受けることもあるので特に注意が必要
オンラインショッピングのトラブルあれこれ
商品を注文し指定口座に代金を振り込んだが、商品が送られてこない
相手方に商品を発送したが、入金がまったくない
注文した商品と異なるものが送られてきた
入力したクレジットカードの番号や口座番号の情報が盗まれ、悪用された
身に覚えのない商品の請求書が送られてきた
トラブルにあわないために
1. なるべく「代金先払い」の取引を行わない
2. 相手が信用できる人物であるかを慎重に確認する。
電子メール以外の連絡方法(住所、電話番号)を明らかにしているか?
相手方がフリーメールやメール転送サービスを利用していないか?
(電子メールの中には、フリーメールやメール転送サービスと言われる匿名で取得できるメールアドレスがあり、このようなメールアドレスしか明らかにしていない場合は、後々トラブルになった際に相手を特定することが非常に困難になります。)
相手がお店の場合は、利用方法、「特定商取引に基づく表示」のガイドラインに基づく表示内容を確認する。
販売業者名(個人は屋号または氏名)
所在地
代表者または業務責任者
連絡先(電話番号、FAX番号、E-mailアドレス)
商品代金以外の必要料金
引渡し時期
返品・交換について
不良品について
お支払い方法
返品期限
オークションのサイトの場合、取引相手の評価を見ることができるので、これらの評価も確認する。
3. 出品者と落札者の品物や代金の受け渡しを確認するなどして取引の安全を確保する「エスクローサービス」業者等を利用する。
4. 取引明細、記録を残しておく。
商品を広告しているホームページなどの画面データ
電子メールなどの交渉記録
代金振込みの控え

などを保存、印刷しておく。(民事、刑事のいずれの措置にも必要)
トラブルに巻き込まれてしまったら…
メールや電話等で相手先に連絡をとってみたが、メールの返事がまったくない、電話が繋がらない、話に応じてくれないなどの場合は、詐欺・取引上のトラブルの被害にあってしまった可能性があります。
→クレジットカードが悪用された疑いのある場合は、相談窓口へ
国民生活センター…国民生活全般についての相談を取り扱っています。
(社)日本通信販売協会…通信販売専門の消費者相談窓口です。
POINT 手軽さと便利さの影には… 要注意じゃ!
よろしければアンケートにご協力ください
■このページの説明内容はわかりやすかったですか?
  たいへんわかりやすかった
  わかりやすかった
  少しわかりにくかった
  わかりにくかった
■評価の理由を具体的にご記入ください

■ご意見、ご要望、その他(取り上げてほしいセキュリティ情報や事例)が
  ございましたらご記入ください

※このフォームからのお問い合わせには、個別に回答させていただくことができませんのであらかじめご了承ください。また、 個人情報(お名前、住所、メールアドレス、電話番号など)をご記入にならないよう、ご注意ください。
TOP
BACK
セキュリティ情報トップページへ