ウイルスアイコン パソコンに保存しているデータを人質に、身代金を要求するウイルス
『ランサムウェア(ransomware)』にご注意!
パソコンに保存しているデータを人質に、身代金を要求するウイルスが確認されております。

データを人質にお金を要求するトロイの木馬ウイルス「ランサムウェア(ransomware)」に関しては、以前より数種類の物が確認されておりますが、ここ数ヶ月の間に新たに2種類のランサムウェアが発見されました。 ランサムウェアに感染すると種類により様々な活動を行いますが、共通した主な活動内容としては、パソコンに保存されている、「画像データ」や「MS Officeファイル」などを人質にして、お金を要求する手口です。

【身代金要求手口】 ※全文英字表示

  • アダルト画像の入った、身代金要求画面が表示される。
  • 身代金を支払わないと30分に1つ、ファイルを消去するメッセージが表示される。
  • パソコンを起動するたびに、人質ファイルが増殖して行く。
  • パソコンを起動するたびに、ファイルを消去していくメッセージが表示される。
  • データを勝手にパスワードつきのzipファイルに圧縮し、パスワードを教える代わりに、 数百ドル払うように要求。
    ※上記の手口は各ランサムウェアにより異なります。
【感染経路】
  • 偽装プログラムのインストール時に感染
  • 悪意あるホームページからの感染
  • バックドアからの侵入
対策
  現在ご利用中の各種ウイルス対策ソフトも、ウイルス定義が各ランサムウェアに対応していない場合には感染する可能性ありますので、ウイルスの定義ファイルを最新の状態にアップデートしてから、ウイルススキャンを実行してください。

現在のところは、国内での感染報告は少なめですが、感染時のダメージが大きいこともありますので、大切なデータのバックアップ作業は定期的に行いましょう。

「ウイルス」に関する詳しい情報はこちら>>

よろしければアンケートにご協力ください
■このページの説明内容はわかりやすかったですか?
  たいへんわかりやすかった
  わかりやすかった
  少しわかりにくかった
  わかりにくかった
■評価の理由を具体的にご記入ください

■ご意見、ご要望、その他(取り上げてほしいセキュリティ情報や事例)が
  ございましたらご記入ください

※このフォームからのお問い合わせには、個別に回答させていただくことができませんのであらかじめご了承ください。また、 個人情報(お名前、住所、メールアドレス、電話番号など)をご記入にならないよう、ご注意ください。
 
BACK