ケーブルインターネットZAQ

TOP

個人情報流出の最前線

被害倍増! 新たな不正アクセスの手口とは

流行する「リスト型アカウントハッキング」

グラフ:ID・パスワード入手の手口(平成24年、警察庁による)

個人情報を狙った不正アクセスの手口で、最近新たに「リスト型アカウントハッキング」と呼ばれる手口が問題になっています。「リスト型アカウントハッキング」とは、1社から流出した顧客のID・パスワードのリストを利用して、他のさまざまなサイトでランダムに不正アクセスを試みること。多くのユーザーがインターネット上の複数のサービスで同じID・パスワードを使い回している状況を狙ったもので、今この被害が急増しているんです。

リスト型アカウントハッキングのイメージイラスト

自ら流出させている可能性も!?

実は、個人情報は盗まれるだけではなく、ちょっとした不注意で自ら流出させてしまうケースも多いもの。下記のようなうっかり発信の例を踏まえ、十分注意しましょう。

  • ホームページ、ブログ、SNSへプロフィールや個人情報を書き込み、そこからID・パスワードが推測されてしまう。
  • 他人との共有パソコンでID・パスワード入力をともなう操作を行い、それが自動保存されたまま気づかず、他人の手に渡ってしまう。
  • ID・パスワードを書いたメモをパソコン周辺に貼ったり、周囲に人がいても気にせずID・パスワード入力操作を行ったり、不用意に扱うことで盗み見などをされてしまう。
  • 自分の代わりに操作してもらうために、会社の同僚や友人にID・パスワードを教えてしまう。

ユーザーサポートメニュー

ご利用にあたって

リンク集

サイトマップ