2007/12/26 更新
保護者向け 子どものためのインターネット安全ガイド
対策方法
インターネット安全ガイドINDEXへ戻る
子どもへの教育
インターネットを利用する際も、日常生活と同様にモラルが大切です。まずはご家庭で、アクセスしても良いサイト、インターネットを利用する時間、インターネットを使うときのルールやマナーなどを子どもに教えましょう。
有害サイト対策
不審なホームページへのリンクは、有害サイトへの誘導の危険性があるため、むやみにクリックしない。また、ウイルスが仕込まれたソフトウェアやファイルも存在するので、ダウンロードを行うときには親に確認して許可をとるように決めておきましょう。
・不審なリンクはクリックしない。
・親の許可なくソフトウェアやファイルをダウンロードしない。
個人情報漏えい対策
情報を悪用される恐れがあるため、インターネット上でむやみに個人情報を発信することは危険です。一旦インターネット上に流出した個人情報を回収することは、まず不可能です。そうなる前に、個人情報の取り扱いについて、しっかり教えましょう。
・むやみに個人情報を発信しない。
・自分の写真や本名を掲載しない。
・パスワードなどの取り扱いには充分に注意する。
長時間のインターネット利用対策
長時間のインターネット利用は、生活リズムの乱れを引き起こすだけでなく、視力や集中力の低下など、健康に悪影響を及ぼします。インターネットの利用時間に関する約束事を決めておきましょう。
・1日のインターネット利用時間を決めておく。
・夜何時以降は利用しないなどを決めておく。
パソコンの設置場所
子どもが自分の部屋のパソコンから1 人でインターネットを利用するというシチュエーションでは、長時間利用したり有害なサイトを閲覧したりと、さまざまな危険性も高くなりがちです。
有害サイト対策/個人情報漏洩対策/長時間のインターネット利用対策
家族が集まる場所、親の目の届く場所にパソコンを置き、子どもがどのようなページを閲覧しているのか、インターネットで何をしているのかを把握するようにしましょう。
・パソコンは親の目の届く場所に設置する。
・子どもに一人でインターネットを利用させない。
・子どものインターネットの利用内容を把握しておく。
フィルタリングソフトの利用
「フィルタリングソフト」をインストールすることにより、有害情報が掲載されているホームページやお子さまに見せたくないホームページを閲覧できなくします(逆に、閲覧可能なホームページを指定することもできます)。2007年6月より、フィルタリングに関係する4業界(携帯電話・PHS業者、ISP、パソコン及びフィルタリングソフトメーカー)が、フィルタリング普及啓発アクションプランを公表するなど、フィルタリングソフトの普及が進められています。
有害サイト対策
子どもたちが何気なく行なったキーワード検索が、思いがけない有害サイトへの入り口となる可能性があります。有害なホームページの表示は、フィルタリングソフトで制限を行いましょう。
・有害なサイトの表示を自動的にブロックします。
個人情報漏えい対策
個人情報の漏えいの原因は、ウイルスによるものやデータの紛失に限りません。 お子さまが、危険なページかどうかわからないまま安易にクレジットカードや電話番号などを入力してしまうことで、情報を流出させてしまう可能性があります。
・個人情報を取り扱うオークションやショッピングサイトなどをブロックすることができます。
長時間のインターネット利用対策
インターネットの長時間利用や深夜の利用を防ぐために、1日の利用時間を設定しておきましょう。
・1日の利用時間を制限できます。
※ソフトによって、機能が異なる場合があります。
会員の皆様へ 
有害なホームページから、お子様をお守りします!
フィルタリングソフトをインストールすることにより、有害情報が掲載されているホームページやお子さまに見せたくないホームページを閲覧できなくするサービスです(逆に、閲覧可能なホームページを指定することもできます)。また、詳細な設定を行うことで利用時間を制限することができます。
※ウイルス駆除機能、ファイアーウォール機能はありませんので、これらの対策にはマカフィー for ZAQをご利用ください。
よろしければアンケートにご協力ください
■このページの説明内容はわかりやすかったですか?
  たいへんわかりやすかった
  わかりやすかった
  少しわかりにくかった
  わかりにくかった
■評価の理由を具体的にご記入ください

■ご意見、ご要望、その他(取り上げてほしいセキュリティ情報や事例)が
  ございましたらご記入ください

※このフォームからのお問い合わせには、個別に回答させていただくことができませんのであらかじめご了承ください。また、 個人情報(お名前、住所、メールアドレス、電話番号など)をご記入にならないよう、ご注意ください。
TOP
BACK
セキュリティ情報トップページへ