何がキケン? どこが狙われる? よくあるケースから学ぼう(1)

多様化する攻撃の手口を知ろう

スマートフォンやタブレット端末を狙った詐欺や攻撃は、機器の普及と足並みをそろえるように多様化しています。
とはいえ、大きく分類していけば、注意しなければいけないポイントが見えてくるはず! 
一つひとつ、具体的な手口を見ていきましょう。

新手のワンクリック詐欺にご注意!

スマートフォン・タブレット端末ならではの脅威

最近報告されている手口のひとつに「GPS情報の取得」や「カメラの起動」を伴う
ワンクリック詐欺があります。
成人向けのコンテンツなどを閲覧した際に「コンテンツの閲覧にはアプリが必要です」と表示されたら可能性大。

インストールしてしまうと、アプリ起動時にカメラのシャッター音が鳴る、
突然料金の請求画面が表示される、といった不正な動作が起こるというものです。

何よりも悪質なのは、実際には撮影機能のないアプリで撮影音を出し、
「顔を撮影されたかもしれない……」と思わせたり、
取得したGPS情報で現在位置を表示させ、「現在地を知られている」という不安感をあおったりする、ということです。

見た目はそっくり、中身は偽物!

スマートフォン・タブレット端末ならではの脅威

スマートフォン・タブレット端末ならではのレイアウトを巧みに利用した手口も増加中。
その代表例が、本物そっくりにデザインされたホームページで利用者をだます「偽サイト・偽アプリ」です。

本物だと思い込んでホームページを開き、リンクやアプリのダウンロードボタンをクリックすると、さあ大変。
スマートフォン・タブレット端末が不正にアクセスされ、
電話帳の情報をはじめとする個人情報が盗まれる「フィッシング」の被害にあってしまいます。

巧妙なのは、画面上でURLが表示されているアドレスバーがパソコンよりも短いことを目くらましに使っている、という点。
見えている部分とページのデザインだけを見ると、いかにも本物のように見える、という訳です。

>> フィッシング対策について詳しくチェック!

不法侵入するアプリにご用心

スマートフォン・タブレット端末ならではの脅威

アプリの中には、機能上「位置情報」「電話帳連携」「他のアプリの情報使用認証」などを求めてくるものがあります。
人気のSNSアプリにも見られる傾向なので、確認画面が出てきても、
抵抗なく「OK」や「許可」ボタンを押している人も多いのではないでしょうか。

キケンは、例にあげた人気のSNSではなく、この慣れに潜んでいます。
何らかの理由で不正なアプリがインストールされてしまった場合、そうと気付かずに「OK」「許可」を押してしまうと、みすみす不正なアプリが大事な個人情報を流出させるのを許可するようなもの。

よく分からない相手にいきなりドアを開けて対応してはダメ!というのは、最新機器といえどもマイホームの防犯と同じです。

よろしければアンケートにご協力ください
■このページの説明内容はわかりやすかったですか?
  たいへんわかりやすかった
  わかりやすかった
  少しわかりにくかった
  わかりにくかった
■評価の理由を具体的にご記入ください

■ご意見、ご要望、その他(取り上げてほしいセキュリティ情報や事例)が
  ございましたらご記入ください

※このフォームからのお問い合わせには、個別に回答させていただくことができませんのであらかじめご了承ください。また、 個人情報(お名前、住所、メールアドレス、電話番号など)をご記入にならないよう、ご注意ください。