迷惑メールを受信したら
迷惑メールは取り扱い注意
メールの内容を鵜呑みにしない
どんなことが書いてあっても決して返信しない
うっかり添付されているファイルを開くと危険
迷惑メール5つの心得
メール本文に記載されているURLは絶対にクリックしない
URLをクリックしたことから望みもしないプログラムのダウンロードが始まったり、不適切なコンテンツ(アダルトサイトなど)が表示されたりすることがあります。
添付ファイルは絶対に開かない
添付ファイルはコンピューターウイルスに感染している可能性があります。
不審なメールには絶対に返信しない
返信すると、自分のメールアドレスが存在することを送信元に伝えることになります。またメールの署名(氏名、電話番号など)から個人情報が流出する可能性があります。返信は十分に注意してください。
※中には、「今後、メールを送信してほしくない場合は、送信不要の旨のメールを送ってください」と書かれていたり、「URLをクリックしてください」と書かれていたりするメールがあります。メール自体が不審なものは、無視したほうがよいでしょう。
チェーンメールやデマメールが届いたら自分のところで止めましょう
チェーンメールを止めたことを理由に危害が加えられたり、誰がチェーンメールを止めたのかを突き止めるのは困難です。また、実際にはほとんどの人が無視をしています。募金の呼びかけなど善意を装ったチェーンメールもありますが、不特定多数の転送を呼びかけるものはデマメールであることが多いようです。
不当な請求には取り合わない
身に覚えの無い請求内容を送りつけるメールがあります。このようなメールには十分注意しましょう。詳しくはこちらをご覧ください。
ねずみ講、マルチ商法の勧誘に注意
迷惑メールの中でも「短期間で大金が稼げます」などのねずみ講やマルチ商法などの勧誘メールが多いと言われています。これらの勧誘には十分注意してください。これらに参加して勧誘に加担したりすると、懲役や罰金が科せられることがあります。また保証金付きサイドビジネス/内職などの勧誘にも十分注意してください。
深刻な迷惑メールの被害の場合
やむを得ない場合はメールアドレスを変更する
迷惑メールが著しく続く場合やストーカー的なメールが続く場合は、メールアドレスを変更するのもやむを得ない場合があります。
迷惑メールの送信元のプロバイダに相談する
迷惑メールについて相談・連絡するときは、そのメールを証拠として送付する必要があります。その場合にはメールのヘッダ情報(電子メールの宛先、差出人、件名、到着するまでの経路などが記載された情報)も忘れずに添付しましょう。
参考:「ちくわブログ メールヘッダーの見方」
警察への通報や情報提供
広告や勧誘を目的としたメールをきっかけとして詐欺にあったり、ねずみ講、マルチ商法などの勧誘メール、いやがらせや脅迫のメールなどの犯罪に該当するような場合は、お住まいの地域を管轄する警察署へ相談してください。
関連リンク
迷惑メールとは
迷惑メール対策
new 知らない間に加害者に!? 実は危険な"迷惑メール"
よろしければアンケートにご協力ください
■このページの説明内容はわかりやすかったですか?
  たいへんわかりやすかった
  わかりやすかった
  少しわかりにくかった
  わかりにくかった
■評価の理由を具体的にご記入ください

■ご意見、ご要望、その他(取り上げてほしいセキュリティ情報や事例)が
  ございましたらご記入ください

※このフォームからのお問い合わせには、個別に回答させていただくことができませんのであらかじめご了承ください。また、 個人情報(お名前、住所、メールアドレス、電話番号など)をご記入にならないよう、ご注意ください。
TOP
BACK
セキュリティ情報トップページへ